Return to site

2018/03/30, 04/13, 05/11(金)

Upcycleチクチク・Ofukuwakeの会

Upcycle チクチク・Ofukuwakeの会

 

いよいよ始まります♡

 

みんなでアイディア出し合って、おしゃべりしながら楽しくチクチク〜♡

 

クリエィティブな刺激を与えあって、アートな時間を共に楽しみましょう。

 

お裁縫が出来なくても大丈夫です。初心者大歓迎。

<日時>

3月30日(金)

4月13日(金)

5月11日(金)

午前の部

10:00-12:00

午後の部

13:00-15:00

<お持ちもの>

・裁縫道具

・リメイクしたいもの(生地や古着)

・シェアできるハギレや布など

*Ofukuwakeの会では、不要な生地、毛糸、チクチクに便利なアイテムなどの寄付を随時受付けております。お宅に眠っているあんなものこんなもの、是非是非お持ち寄り下さい。

<参加費>

午前のみまたは午後のみのご参加 お一人さま 500縁➕1オーダー

通しのご参加 お一人様 1,000縁➕1オーダー

<託児サービス>

午前・午後いずれかでお子さまお一人さま 500縁

通しで お子さまおひとりさま 1,000縁

別途かかります。*要予約*

ヘルシーなベジタリアンランチやスムージーもご用意してお待ちしております。

お申し込みはこちらのホームページ又はフェイスブックのイベントページからお願い致します。↓↓↓

https://www.facebook.com/events/1928367253840572/

又は、terrakoyadouniyah@gmail.comへメールにてお申し込み下さい。

その際、件名は「アップサイクル・チクチク・fukuwakeの会」とご明記の上、以下の情報をご記入下さい。

①お名前

②ご連絡先 (当日連絡のつく電話番号又はメールアドレス)

③託児のご希望 (有・無)

④ランチのご希望 (有・無)

⑤ご希望の参加日 (3月30日、4月13日、5月11日)、

午前のみ、午後のみ、又は通し

<アップサイクルとは>

持続可能なモノツクリの新たな方法論で、従来から行なわれてきたリサイクル(再循環)とは異なり、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを、最終的な目的とする。

(http://artscape.jp/artword/index.php/アップサイクルより抜粋)

--------------------------------------------------

*なぜ今アップサイクルなのか?

 

<ファスト・ファッションの環境・社会負荷について>

服がもたらす環境への影響は、原材料の調達から廃棄も含め、想像以上に深刻です。

例えば綿(コットン)を例に見てみましょう。綿は世界で生産される生地のうち、実に50%近くを占めています。一般的に「自然派」というイメージがあり、環境に優しい素材と受け止められています。

しかし現実は、どうでしょうか?

綿栽培のために耕されている農地は世界の2.5%ですが、使用されている殺虫剤は世界の25%、除草剤は10%にあたります。それに加えて綿栽培に関わる人たちや健康も懸念されています。

さらに綿を服に仕立て上げる各工程で、多くの化学物質が使われます。シリコン製ワックス、石油製の研磨剤、柔軟剤、重金属、抑制剤、アンモニアなど挙げたらきりがありません。その全てが大気に、土に、土壌に悪影響を与えかねないのです。

ほかにも最近使われるようになったエラスタンやライクラといった弾力性のある素材は公害をもたらす可能性があったり、ナイロンも完全に自然に還るまでには30〜40年かかると言われていたり、洗濯や乾燥の段階で大量のCO2を排出していたりと、ファッションにまつわる環境・社会被害は予想をはるかに超えているのが現状です。

<ファスト・ファッションの裏/途上国の労働環境>

あなたが着ている服のタグを見てみて下さい。

Made in Chinaのほかにも、バングラデシュ、ベトナム、トルコ、ルーマニアなどの国々の名前が見られ、西欧と北米以外の地域で集中的に製造されているのが分かるはずです。

それらの国々で製作に携わる労働者は、健康や安全に関して芳しくない環境で働かされている場合があります。

そのうち90%は女性で、劣悪な環境の工場で働いたり、自宅の暗がりできつい仕事をこなさなければならなかったりする場合もあることが指摘されています。

また多くの女性は10代で、中には児童もいます。

賃金は安く、労働時間が長いところも多いのです。

これらの問題に対して、多くの消費者が認識を深めるようになり、労働者も自らの権利を守るために行動を始めています。その結果、アパレル産業の最下層で働く人たちの安全と健康基準は改善されつつあるものの、まだ抜本的な改善には至っていません。

<遅れているファッションのリサイクル事情>

日本でもリサイクルの意識が高まり、古着を資源ごみとして回収等を行なっている地域も増えてきました。しかし、回収された古着のうちリユース・リサイクルされるのは約10%、残りの約90%はゴミとして焼却処分されるか埋め立て地に持って行かれます。古着のほとんどがリサイクルできるものですが、現状ではそのまま捨てられているのです。また、リサイクル可能な古着のうち、ほとんどが海外へ輸出され、国内で実際にリユース・リサイクルされるのはほんのわずかです。


古着も大切な資源の1つです。着なくなったその洋服の行き先をちょっと考えてみませんか?

<ファッションからエコロジーを考える>

統計では、日本人は年間10kgの服を買い、そのうち9kg捨てているといわれています。(参考※経済産業省 3R政策 2005)

また、衣類の約95%以上を中国などからの輸入に頼っています。その輸送過程でたくさんのCO2を排出しているのです。

(参考※経済産業省「繊維・生活用品統計」2008)

オーガニックコットン、オーガニックウール、竹や麻など耐寒性があり成長が早い植物は、殺虫剤や化学肥料を最小限にとどめて栽培されています。フェアトレード・ブランドや各企業のCSR、オーガニック素材の認証制度などの動きも活発化してきました。

服を着ない人はいない。だからみんなで服からエコを考えよう!

<参照HP:http://letsxchange.jp/about/load>

 

*「ジーンズ1本の綿花栽培で飲み水10年分失う」国連がファッション業界に警告↓↓↓ https://www.wwdjapan.com/579645
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly